さらなる自動化の先に
人とロボットが協働する、新たな社会の到来を見据えて

  • FA(ファクトリーオートメーション)事業において私たちは、数々の生産現場の自動化をサポートしてきました。しかし、さまざまな工程で自動化は進んでいるものの、まだまだ人手に頼る作業が多く残っているのも現実です。 さらなる自動化を進めるためには、この先はロボットの活用が不可欠。その問題意識から、2015年に立ち上げたのが、協調安全ロボット事業です。

    私たちの協調安全ロボット事業の特長は、協働ロボットに特化した事業であることです。 協働ロボットが普及する前まで主流だった産業ロボットは、自動車や機械製造など、比較的大きな製造ラインを柵で囲い、安全を確保するため人の作業と分離した状況で固定的に使われてきました。そのため繰り返しの単純作業には向いていても、状況に応じて変種変量に柔軟に対応する必要がある製造現場には不向きでした。

    しかし技術革新とともにロボットの小型化が図られ、また法規制の緩和により、柵なしでの人とロボットの共同作業が可能となり、産業ロボットのジャンルの中で、人との共同作業を前提とした新たなロボットが続々と誕生してきました。それが協働ロボットなのです。

    また最近では、物流業界で高まっているニーズに対応するため、自律走行搬送ロボット(AMR /AGV)を新たな製品ラインナップに加え、展開しています。

パタゴニア レトロX アウター 3T,

協働ロボットシステム構築のフロンティアとして

  • 時代の進展とともに、ものづくりの現場は人と機械が分離された環境から、人とロボットが協働する新たなステージへ大きく転換してきています。

    その背景にあるのは、日本社会が抱える労働生産人口の減少による人手不足や競争環境の激化に伴うさらなる生産性の向上などの課題。そして現在では、コロナ感染拡大防止の観点からも協働ロボットは新たな注目を集めています。

    私たちは、お客さまのパートナーとしてロボットシステムを構築するロボットSIer(システムインテグレータ)の立ち位置と同時に、国内外のさまざまな協働ロボットや周辺機器メーカーの販売代理店という役割も果たし、協働ロボット普及の重要な一翼を担っています。

    協働ロボットの新たな拠点として、愛知県一宮市に協調安全ロボットテクニカルセンターを設置。協働ロボットの選定から、システムの設計、そして協働ロボット導入に不可欠なリスクアセスメント、導入後の安全方策まで、トータルでサポートします。

2枚セットお得♪ Paul Smith junior 白シャツ 子供服 愛用

2枚セットお得♪ Paul Smith junior 白シャツ 子供服
2枚セット サイズ組み合わせ任意
1枚なんと400のお得♪♪♪


新品✨Paul Smith Junior
ポール・スミス・ジュニア 長袖 シャツ

【カラー】ホワイト ポインテッドカラー
*ライトブルー(在庫なし)

【商品の特徴】前開きボタン留め、長袖、ラウンドヘム。オケージョンにもカジュアルにも使える万能なシャツです。

【商品の魅力】前立てのストライプ刺しゅうがPaul Smithらしいポイントです。胸元にはゼブラのワンポイントでアクセントをプラス。ロールアップしてスタイリングに変化を加えるのもおすすめです。

【サイズ】90cm~140cm
(各サイズ単品販売もあり、別出品になっております。)

【素材】コットン 100%

【価 格】10,780円(税込)
商品の情報
カテゴリー:ベビー・キッズ>キッズ服(男女兼用) 100cm~>ジャケット/上着>
商品のサイズ:新品、未使用
商品のサイズ:140cm
配送料の負担:送料込み(出品者負担)
発送元の地域:140cm
発送までの日数:1~2日で発送
 東京湾と川を行き来しながら育つハゼ。江戸時代から釣り人たちに愛されてきた。何...
さおの持ち方など細かい指導を受け、真剣な表情で臨む=いずれも東京都墨田区で

さおの持ち方など細かい指導を受け、真剣な表情で臨む=いずれも東京都墨田区で

 東京湾と川を行き来しながら育つハゼ。江戸時代から釣り人たちに愛されてきた。何百年もたった今も同じ楽しみを味わうことができる。九月二十五日に開かれた「東京新聞SDGsアクション!ハゼ釣り教室」には午前、午後合わせて約百人の親子連れが参加。子どもたちの弾んだ声を紹介する。(仲田美歩)

【午前の部】

 葛飾区の小学四年、田中京くん(10) ザリガニ釣りはやったことがあるが、ハゼは初めて。ハゼが食った瞬間「何かぷるぷるしてる」と思ったという。何度かえさだけ取られ、ようやく釣れたハゼをじっと観察して「ちっちゃいねー、目が上に付いているんだー」。
 北区の小学二年、藤原夏苗さん(8つ) お姉ちゃんと両親の四人で参加した。ハゼが釣れた時は「かちゃかちゃとして引っ張られた感じ」。イラストを見ていたので「これが本物だーと思った」。釣りの先生から「センスがいい」とほめられ「センスって何?」。
 世田谷区の小学五年、武長恒樹(たけながこうき)くん(11) 小さなアタリを何度も感じてようやく一匹ゲット。「ハゼは知っていたけど…」と実物に出合えたことを喜んだ。えさも自分で付けられるようになり目つきも真剣に。父親の顕吉さんはうれしそうに見つめていた。
誇らしげ

誇らしげ

【午後の部】

 中野区の小学三年、須田翔太くん(9つ) 海でアジやカタクチイワシを釣ったことがあるが川釣りは初めて。初めて手にしたハゼをじっくりと観察。「ぽっちゃりとして、顔がおにぎりみたいでかわいい!」。その後は「目指せ十匹!」とスイッチが入った。
 江戸川区の小学三年、森海雄くん(8つ) 釣りの先生からは「探り方がいいねー」とほめられた。ふだんは地元の公園でタナゴなどを相手に腕を磨いているという。次から次へと釣り上げた海雄くんは「楽しい…」とつぶやき、海釣りが次の目標になった。
 台東区の小学四年、女屋蓮(おなやれん)さん(10) 水元公園(葛飾区)でテナガエビを釣ったことがある。ハゼ釣りは初めてだったがコツをつかむと次々と数を重ねていった。「ぴくぴくって引くのが楽しい。ハゼってかわいい顔してる。また釣りをしたいけど小さいのがいいな」
親子で楽しく

親子で楽しく

スカイツリーと一緒に

スカイツリーと一緒に

参加者が釣り上げたハゼ

参加者が釣り上げたハゼ

大事そうに記念撮影

大事そうに記念撮影

ハゼ釣り教室午前の部の参加者

ハゼ釣り教室午前の部の参加者

ハゼ釣り教室午後の部の参加者

ハゼ釣り教室午後の部の参加者

◆豊かな水辺環境を守ろう 鈴木康友さん

 ハゼ釣り教室で、参加者に釣りの楽しさを伝えた鈴木康友さん(73)は、月刊「つり人」を刊行する株式会社つり人社の会長だ。雑誌編集や釣り教室を通じて、釣りを楽しめる環境を守ることの大切さを伝えてきた。
かわいいサイズのハゼを釣り上げ笑みがこぼれるつり人社の鈴木康友会長

かわいいサイズのハゼを釣り上げ笑みがこぼれるつり人社の鈴木康友会長

 東京・葛飾に生まれ育った鈴木さん。小学生の頃までは、近くの川で泳いだりハゼやフナ、タナゴなどが釣れたくらい東京の水辺の環境が豊かだったと話す。かつて東京湾の干潟でアサクサノリの養殖をしていた頃、海苔篊(のりひび)(海苔を付着させ成長させる用具)で釣ったお歯黒ハゼを懐かしむ。
 1950年代半ばからの高度経済成長期、東京は人口が増え開発が進み、水質汚濁が深刻に。魚が生息しやすい東京湾の干潟が埋め立てられたこともあり、東京の水辺から魚がいなくなった。海水と淡水が混ざる汽水域を好み浅瀬で生息するハゼは、かつて「湧(わ)く」と言われるほど東京湾にたくさんいたが、高度経済成長期に漁獲量が激減した。
 高度経済成長が終わり、企業や行政、生活者の環境意識が高まり、排水へのルールが厳しくなった。そして、東京湾に流れ込む川の上流にある森の養分が魚を育んだ。こうして、約20年かかって水質が改善され、今では隅田川や北十間川でハゼが釣れるまでになったと鈴木さんは東京の水辺環境の変遷を語る。
喜多川歌麿の浮世絵。江戸時代も庶民の楽しみだった

喜多川歌麿の浮世絵。江戸時代も庶民の楽しみだった

 江戸前の魚として親しまれるハゼ。江戸時代、ハゼ釣りは江戸っ子の数少ない娯楽のひとつだった。男性も女性もハゼ釣りを楽しみ、釣りの道具として和竿(わざお)の需要が高まった。嗜(たしな)みのひとつとして粋な和竿を持ちたい人も増え、職人はその需要に応えようと技術を競った。こうして、和竿は道具でありながら芸術品としての価値も高まったのだ。
 和竿職人は竹の種類や節目、太さなどを見極め、火を使いながら竹の曲がり方を調整する。そして竿を仕上げるために、自分の指を使って何度も何度も漆を塗って最高の竿に仕上げる。その技術習得には、長い年月が必要だ。
 しかし今、和竿で釣りを楽しむ人は少なくなった。和竿職人の数も減り技術の継承が危ぶまれる。鈴木さんは、ハゼが育てた和竿の文化にも注目してほしいと話す。「和竿を作る技術は、需要が無くなったら途絶えてしまう。だからこそ、今のこどもたちに和竿でハゼ釣りを楽しんでもらいたい。自分で稼げるようになったら、和竿を職人に注文してほしいよね」 (柴本弥生)

★東京新聞SDGsアクション! ハゼ釣り教室(9月25日 東京都墨田区・北十間川)

 主催 東京新聞、東京中日スポーツ
 後援 墨田区
 協賛 ダイワ(グローブライド)、マルキユー、上州屋
 企画協力 つり人社、NPO法人海辺つくり研究会、398ワールド
  1. facebook
  2. twitter
  3. linkedin
  4. pinterest

協働ロボットや周辺機器の販売代理店である強み

  • お客さまにとって最適な協働ロボットシステム構築をサポートするためには、特定の製品に依存せず、さまざまなメーカーとパイプがあることは非常に重要です。

    なぜなら、メーカーそれぞれの強み・弱みを客観的に評価でき、またメーカーとの情報交換を密にすることにより、製品それぞれの特長を最大限に活かしたシステム構築ができるからです。

    「どのロボットを選ぶか?」の前に、「どんな課題を解決したいのか?」。

    ロボット導入は、あくまでそのための手段であることを私たちは忘れません。

  1. ホーム
  2. ベッド
  3. 2枚セットお得♪ Paul Smith junior 白シャツ 子供服

情報サイト「協働ロボット.com」を開設、協働ロボットに関する情報を幅広く提供

  • ロボットシステム事業部を立ち上げた際、最初に感じた疑問は、世の中に出ている協働ロボットに関する情報があまりにも不足しているということでした。

    インターネットで調べてみても、メーカーの情報はあるものの、お客さまサイドに立った協働ロボットの特徴や導入方法などの基本的な情報がなかなか見つかりません。

    まずは情報を必要としている人に対して、的確な情報を提供することも私たちロボットSIerの役目ではないか?そんな観点から立ち上げたのが「協働ロボット.com」です。

    開設から3年以上が経過、今では日々さまざまなご相談やご質問を頂くようになっています。

〈システム開発実績〉

  1. ロボットシステム
    ・工作機械(旋盤)へのマシンテンディングシステム
    ・プレス加工機へのマシンテンディングシステム
    ・出荷梱包小箱⇒大箱箱詰めシステム
    ・出荷パレットへのパレタイジングシステム
    ・3Dビジョンを活用した自動車部品ピッキングシステム
    ・塗布(シーリング)システム
    ・双腕ロボットによる電子部品組付けシステム
    ・双腕ロボットによる半田付けシステム

  2. AMR搬送システム(トップモジュール)
    ・コンベア付きAMRシステム
    ・カート付きAMRシステム
    ・移動型ロボットワークピッキングシステム(協働型ロボット+MIR)
    ・移動型ロボットワーク供給システム(協働型ロボット+MIR)
    ・牽引型AMRシステム

Products & Services関連する製品 & サービスを見る