さらなる自動化の先に
人とロボットが協働する、新たな社会の到来を見据えて

  • FA(ファクトリーオートメーション)事業において私たちは、数々の生産現場の自動化をサポートしてきました。しかし、さまざまな工程で自動化は進んでいるものの、まだまだ人手に頼る作業が多く残っているのも現実です。 さらなる自動化を進めるためには、この先はロボットの活用が不可欠。その問題意識から、2015年に立ち上げたのが、協調安全ロボット事業です。

    私たちの協調安全ロボット事業の特長は、協働ロボットに特化した事業であることです。 協働ロボットが普及する前まで主流だった産業ロボットは、自動車や機械製造など、比較的大きな製造ラインを柵で囲い、安全を確保するため人の作業と分離した状況で固定的に使われてきました。そのため繰り返しの単純作業には向いていても、状況に応じて変種変量に柔軟に対応する必要がある製造現場には不向きでした。

    しかし技術革新とともにロボットの小型化が図られ、また法規制の緩和により、柵なしでの人とロボットの共同作業が可能となり、産業ロボットのジャンルの中で、人との共同作業を前提とした新たなロボットが続々と誕生してきました。それが協働ロボットなのです。

    また最近では、物流業界で高まっているニーズに対応するため、自律走行搬送ロボット(AMR /AGV)を新たな製品ラインナップに加え、展開しています。

STOKKE ストッケ TRIPP TRAPP トリップトラップ ベビーガード,

協働ロボットシステム構築のフロンティアとして

  • 時代の進展とともに、ものづくりの現場は人と機械が分離された環境から、人とロボットが協働する新たなステージへ大きく転換してきています。

    その背景にあるのは、日本社会が抱える労働生産人口の減少による人手不足や競争環境の激化に伴うさらなる生産性の向上などの課題。そして現在では、コロナ感染拡大防止の観点からも協働ロボットは新たな注目を集めています。

    私たちは、お客さまのパートナーとしてロボットシステムを構築するロボットSIer(システムインテグレータ)の立ち位置と同時に、国内外のさまざまな協働ロボットや周辺機器メーカーの販売代理店という役割も果たし、協働ロボット普及の重要な一翼を担っています。

    協働ロボットの新たな拠点として、愛知県一宮市に協調安全ロボットテクニカルセンターを設置。協働ロボットの選定から、システムの設計、そして協働ロボット導入に不可欠なリスクアセスメント、導入後の安全方策まで、トータルでサポートします。

Aplica アップリカ スマート スウィング プラス 2017年最新入荷

Aplica アップリカ スマート スウィング プラス
性別···男女兼用
カラー···ネイビー/ホワイト
スペック···新生児〜
柄・デザイン···星柄

2ヶ月目〜9ヶ月くらいまでの
半年ちょっと使用しました。
付属品は全て洗濯してあります。
説明書もあります。
通電、動作確認済みです。
目立った傷や汚れなどは
ほとんど無いと思いますが
美中古品として
ご理解頂ければと思います。

発送時の箱がないので
梱包たのメル便での
発送となります。
商品の情報
カテゴリー:ベビー・キッズ>ベビー家具/寝具/室内用品>イス>
商品のサイズ:目立った傷や汚れなし
ブランド:アップリカ
配送料の負担:送料込み(出品者負担)
発送までの日数:2~3日で発送
 今夏の甲子園で東北勢初の優勝を果たした仙台育英高野球部は3日、優勝旗の「白河の関」越えを受け、福島県白河市を訪問した。国指定史跡「白河関跡」近くの白河神社で参拝後、地元の少年団の野球部員らと野球の練習で交流した。 この日は同市の表郷中体育館に軟式野球・ソフトボールの少年団員約100人が待ち構え、部
地元の小学生と守備練習で交流する仙台育英の3年生部員=福島県白河市で2022年12月3日午前10時52分、平家勇大撮影
地元の小学生と守備練習で交流する仙台育英の3年生部員=福島県白河市で2022年12月3日午前10時52分、平家勇大撮影

 今夏の甲子園で東北勢初の優勝を果たした仙台育英高野球部は3日、優勝旗の「白河の関」越えを受け、福島県白河市を訪問した。国指定史跡「白河関跡」近くの白河神社で参拝後、地元の少年団の野球部員らと野球の練習で交流した。

 この日は同市の表郷中体育館に軟式野球・ソフトボールの少年団員約100人が待ち構え、部員らを拍手で迎えた。鈴木和夫市長も登壇し「優勝は東北全体の喜びだ」と記念品を贈呈。須江航監督は「宮城だけでなく、東北の皆さんの応援のおかげで良い試合ができた」と応じ、小学生に「『自分にもできる』と思って、努力を積み重ねてほしい」と呼びかけた。

甲子園優勝旗の「白河の関越え」を受けて拍手で迎えられる仙台育英の部員ら=福島県白河市で2022年12月3日午前10時13分、平家勇大撮影
甲子園優勝旗の「白河の関越え」を受けて拍手で迎えられる仙台育英の部員ら=福島県白河市で2022年12月3日午前10時13分、平家勇大撮影

 交流会ではグループに分かれて、守備とバッティングを指導。素早い捕球の仕方やバットの振り方を部員らが実演すると、大きな歓声が上がった。終了後には小学生から「普段はどんな練習をしているの?」「甲子園優勝の秘訣(ひけつ)は?」といった質問も飛び出した。

 参加した小学5年の佐藤蓮仁(りひと)さん(11)は「『白河の関』越えに感動したので、とても楽しみにしていた。かっこいい選手たちから守備の姿勢を教えてもらえてうれしかった」と満面の笑みを見せた。

 仙台育英元主将の佐藤悠斗さん(17)は「白河に足を踏み入れ、改めて優勝の実感がわいた。交流会では純粋に野球を楽しむ気持ちを思い出し、自分たちにとっても良い経験になった」と語った。【平家勇大】

  1. facebook
  2. twitter
  3. linkedin
  4. pinterest

協働ロボットや周辺機器の販売代理店である強み

  • お客さまにとって最適な協働ロボットシステム構築をサポートするためには、特定の製品に依存せず、さまざまなメーカーとパイプがあることは非常に重要です。

    なぜなら、メーカーそれぞれの強み・弱みを客観的に評価でき、またメーカーとの情報交換を密にすることにより、製品それぞれの特長を最大限に活かしたシステム構築ができるからです。

    「どのロボットを選ぶか?」の前に、「どんな課題を解決したいのか?」。

    ロボット導入は、あくまでそのための手段であることを私たちは忘れません。

  1. ホーム
  2. ベッド
  3. Aplica プラス スウィング スマート アップリカ

情報サイト「協働ロボット.com」を開設、協働ロボットに関する情報を幅広く提供

  • ロボットシステム事業部を立ち上げた際、最初に感じた疑問は、世の中に出ている協働ロボットに関する情報があまりにも不足しているということでした。

    インターネットで調べてみても、メーカーの情報はあるものの、お客さまサイドに立った協働ロボットの特徴や導入方法などの基本的な情報がなかなか見つかりません。

    まずは情報を必要としている人に対して、的確な情報を提供することも私たちロボットSIerの役目ではないか?そんな観点から立ち上げたのが「協働ロボット.com」です。

    開設から3年以上が経過、今では日々さまざまなご相談やご質問を頂くようになっています。

〈システム開発実績〉

  1. ロボットシステム
    ・工作機械(旋盤)へのマシンテンディングシステム
    ・プレス加工機へのマシンテンディングシステム
    ・出荷梱包小箱⇒大箱箱詰めシステム
    ・出荷パレットへのパレタイジングシステム
    ・3Dビジョンを活用した自動車部品ピッキングシステム
    ・塗布(シーリング)システム
    ・双腕ロボットによる電子部品組付けシステム
    ・双腕ロボットによる半田付けシステム

  2. AMR搬送システム(トップモジュール)
    ・コンベア付きAMRシステム
    ・カート付きAMRシステム
    ・移動型ロボットワークピッキングシステム(協働型ロボット+MIR)
    ・移動型ロボットワーク供給システム(協働型ロボット+MIR)
    ・牽引型AMRシステム

Products & Services関連する製品 & サービスを見る