さらなる自動化の先に
人とロボットが協働する、新たな社会の到来を見据えて

  • FA(ファクトリーオートメーション)事業において私たちは、数々の生産現場の自動化をサポートしてきました。しかし、さまざまな工程で自動化は進んでいるものの、まだまだ人手に頼る作業が多く残っているのも現実です。 さらなる自動化を進めるためには、この先はロボットの活用が不可欠。その問題意識から、2015年に立ち上げたのが、協調安全ロボット事業です。

    私たちの協調安全ロボット事業の特長は、協働ロボットに特化した事業であることです。 協働ロボットが普及する前まで主流だった産業ロボットは、自動車や機械製造など、比較的大きな製造ラインを柵で囲い、安全を確保するため人の作業と分離した状況で固定的に使われてきました。そのため繰り返しの単純作業には向いていても、状況に応じて変種変量に柔軟に対応する必要がある製造現場には不向きでした。

    しかし技術革新とともにロボットの小型化が図られ、また法規制の緩和により、柵なしでの人とロボットの共同作業が可能となり、産業ロボットのジャンルの中で、人との共同作業を前提とした新たなロボットが続々と誕生してきました。それが協働ロボットなのです。

    また最近では、物流業界で高まっているニーズに対応するため、自律走行搬送ロボット(AMR /AGV)を新たな製品ラインナップに加え、展開しています。

ベビーベッド 添い寝 ゆりかご 折り畳み 蚊帳 0-18ヶ月 メッシュ,

協働ロボットシステム構築のフロンティアとして

  • 時代の進展とともに、ものづくりの現場は人と機械が分離された環境から、人とロボットが協働する新たなステージへ大きく転換してきています。

    その背景にあるのは、日本社会が抱える労働生産人口の減少による人手不足や競争環境の激化に伴うさらなる生産性の向上などの課題。そして現在では、コロナ感染拡大防止の観点からも協働ロボットは新たな注目を集めています。

    私たちは、お客さまのパートナーとしてロボットシステムを構築するロボットSIer(システムインテグレータ)の立ち位置と同時に、国内外のさまざまな協働ロボットや周辺機器メーカーの販売代理店という役割も果たし、協働ロボット普及の重要な一翼を担っています。

    協働ロボットの新たな拠点として、愛知県一宮市に協調安全ロボットテクニカルセンターを設置。協働ロボットの選定から、システムの設計、そして協働ロボット導入に不可欠なリスクアセスメント、導入後の安全方策まで、トータルでサポートします。

コンビ ネムリラ オートスウィング エッグショック BE 新品登場

コンビ ネムリラ オートスウィング エッグショック BE
★直接引き渡しのみ対応
エリア:埼玉県さいたま市、上尾市、蕨市、戸田市、蓮田市(その他も距離によって対応可能)
============
カラー:ココアブラウン
安全基準:SG
対象月齢:新生児から4才頃まで
対象体重:参考体重18kg以下
サイズ
ハイ:W520*D690から865*H690から1020mm
ロー:W520*D835から880*H410から740mm
付属品:テーブル、コンセント、取扱説明書
■ご希望があれば、別メーカーの物ですが
このハイローチェアにかぶせてお使いいただける
お食事用カバーをお付けします。
============

こちらにてお譲りいただき、お昼寝に3ヶ月程度使用していました。
前のオーナーさんは、離乳食にも使用されていたと伺っています。

リクライニング、椅子の高さ調節、オルゴール機能、タイヤ付きで部屋中の移動が楽々、と機能の豊富さに何度も育児を助けられました。

※ベルト部分にやや色あせあります(写真6枚目)
※中古品であることをご理解ください。

・電動で15分間揺れ、赤ちゃんの眠りをサポートする、コンビ独自のスウィング機能を搭載。また、赤ちゃんの重さが変わってもセンサー&プログラムで揺れを一定に保ちます。
・洗えるエッグショック:衝撃吸収力はそのままに、洗えて通気する素材へさらに進化。やさしい枕のように赤ちゃんの頭をささえます。
・シート洗濯機丸洗いOK:汗やミルク、離乳食の食べこぼし等で汚れても、取り外して洗濯機で丸洗いOK。清潔&快適です。
・ステップ連動リクライニング(5段階)
・5段階高さ調節&コンパクト収納
・ベビーパレットボックス:おむつや綿棒などの育児グッズが収まるボックスです。開けたフタの上に、ケアグッズを置く事が出来ます。

コンビ ハイローチェア ネムリラ AUTO SWING エッグショック BE サイレントスウィング機能搭載 ココアブラウン 0か月~
商品の情報
カテゴリー:ベビー・キッズ>ベビー家具/寝具/室内用品>イス>
商品のサイズ:目立った傷や汚れなし
ブランド:コンビ
配送料の負担:送料込み(出品者負担)
発送までの日数:1~2日で発送
アイスショー「プロローグ」で演技をする羽生結弦さん=2022年12月5日午後2時21分、青森県八戸市の「フラット八戸」、瀬戸口翼撮影
[PR]

 2014年ソチ、18年平昌五輪金メダリストで、7月にプロ転向した羽生結弦さんの初単独アイスショー「プロローグ」が、5日、2都市5公演の最終日を迎えた。青森県八戸市であった最終公演では全10曲、2時間にわたって、満員となる3千人の観衆を魅了した。

 ショーの始まりを告げたのはソチ、平昌の五輪2連覇を果たした際の、平昌のフリー「SEIMEI」。競技会の場合は、同じ種類のジャンプは2回までしか跳べないが、プロならその制約は関係ない。

 最も得意とするトリプルアクセル(3回転半)ジャンプを3回跳んで、一気に「羽生結弦」ワールドへ引き込んだ。

 2曲目は08―09年、09―10年のシーズンのエキシビションで使用していた「Change」。勇壮かつ軽快な津軽三味線の旋律を全身で受けて舞う。

 「青森で、津軽三味線の音に乗せて演技できてうれしい」と演技後、息を切らせながら笑った。

 観客からのリクエストに応じて演じる内容を決めるコーナーでは、自分の意思を優先して、演技内容を変える一幕もあった。

 観客が最も多く希望したのは18―19年、19―20年シーズンのショートプログラム(SP)で使用した「オトナル(秋によせて)」。しかし、少し考えて羽生さんは言った。

 「個人的には『悲愴』をやりたいんですよね……。構成変更します。『オトナル』先にやります。体力使うので、トリプルアクセルを抜いて、ステップから。その後、『悲愴』」

 この「悲愴」を、八戸で演じたかった理由がある。

 2011年、東日本大震災で被災し、本拠としていた仙台市内のリンクが使えなくなった。練習場所の確保に苦労していたとき、八戸のリンクが声をかけてくれた。

 「きょうの会場とは違うリンクですが、『電気は使えないけど、滑っていいよ』と。換気のために開いた天井からの明かりだけでプログラムを作ったり、体力トレーニングさせていただいたり、本当に八戸にお世話になりました」

 そのとき完成させたのが、「悲愴」だったからだ。

 「この地でできたのはすごく自分にとっても感慨深いものがあります。震災があってすぐに作ったプログラムなので、震災と同い年。思い出して苦しませてしまうのは申し訳ないと思いつつ、でもそれがあるからこそ今があるんだとまた思っていただけるように。そういう演技ができたらなと思って滑らせていただきました」

 プロ転向後初のショーのタイトルは「プロローグ」。文字どおり、序章だ。すべてのプログラムが終わった後、会場の大型ビジョンには次回公演の情報が映し出された。2023年2月26日、東京ドーム。会場内はどよめきで満ちた。

 「いろんな方のお力を借りたり、また自分で構成を考えたりして、東京ドームでしかできないスケートって何だろう、と。それを東京ドームで見せたい」

 「GIFT」と名付けられた本編が、いよいよ始まる。山下弘展

  1. facebook
  2. twitter
  3. linkedin
  4. pinterest

協働ロボットや周辺機器の販売代理店である強み

  • お客さまにとって最適な協働ロボットシステム構築をサポートするためには、特定の製品に依存せず、さまざまなメーカーとパイプがあることは非常に重要です。

    なぜなら、メーカーそれぞれの強み・弱みを客観的に評価でき、またメーカーとの情報交換を密にすることにより、製品それぞれの特長を最大限に活かしたシステム構築ができるからです。

    「どのロボットを選ぶか?」の前に、「どんな課題を解決したいのか?」。

    ロボット導入は、あくまでそのための手段であることを私たちは忘れません。

  1. ホーム
  2. ベッド
  3. BE コンビ ネムリラ オートスウィング エッグショック

情報サイト「協働ロボット.com」を開設、協働ロボットに関する情報を幅広く提供

  • ロボットシステム事業部を立ち上げた際、最初に感じた疑問は、世の中に出ている協働ロボットに関する情報があまりにも不足しているということでした。

    インターネットで調べてみても、メーカーの情報はあるものの、お客さまサイドに立った協働ロボットの特徴や導入方法などの基本的な情報がなかなか見つかりません。

    まずは情報を必要としている人に対して、的確な情報を提供することも私たちロボットSIerの役目ではないか?そんな観点から立ち上げたのが「協働ロボット.com」です。

    開設から3年以上が経過、今では日々さまざまなご相談やご質問を頂くようになっています。

〈システム開発実績〉

  1. ロボットシステム
    ・工作機械(旋盤)へのマシンテンディングシステム
    ・プレス加工機へのマシンテンディングシステム
    ・出荷梱包小箱⇒大箱箱詰めシステム
    ・出荷パレットへのパレタイジングシステム
    ・3Dビジョンを活用した自動車部品ピッキングシステム
    ・塗布(シーリング)システム
    ・双腕ロボットによる電子部品組付けシステム
    ・双腕ロボットによる半田付けシステム

  2. AMR搬送システム(トップモジュール)
    ・コンベア付きAMRシステム
    ・カート付きAMRシステム
    ・移動型ロボットワークピッキングシステム(協働型ロボット+MIR)
    ・移動型ロボットワーク供給システム(協働型ロボット+MIR)
    ・牽引型AMRシステム

Products & Services関連する製品 & サービスを見る