さらなる自動化の先に
人とロボットが協働する、新たな社会の到来を見据えて

  • FA(ファクトリーオートメーション)事業において私たちは、数々の生産現場の自動化をサポートしてきました。しかし、さまざまな工程で自動化は進んでいるものの、まだまだ人手に頼る作業が多く残っているのも現実です。 さらなる自動化を進めるためには、この先はロボットの活用が不可欠。その問題意識から、2015年に立ち上げたのが、協調安全ロボット事業です。

    私たちの協調安全ロボット事業の特長は、協働ロボットに特化した事業であることです。 協働ロボットが普及する前まで主流だった産業ロボットは、自動車や機械製造など、比較的大きな製造ラインを柵で囲い、安全を確保するため人の作業と分離した状況で固定的に使われてきました。そのため繰り返しの単純作業には向いていても、状況に応じて変種変量に柔軟に対応する必要がある製造現場には不向きでした。

    しかし技術革新とともにロボットの小型化が図られ、また法規制の緩和により、柵なしでの人とロボットの共同作業が可能となり、産業ロボットのジャンルの中で、人との共同作業を前提とした新たなロボットが続々と誕生してきました。それが協働ロボットなのです。

    また最近では、物流業界で高まっているニーズに対応するため、自律走行搬送ロボット(AMR /AGV)を新たな製品ラインナップに加え、展開しています。

the animals observatory tao 8y ロゴカーディガン,

協働ロボットシステム構築のフロンティアとして

  • 時代の進展とともに、ものづくりの現場は人と機械が分離された環境から、人とロボットが協働する新たなステージへ大きく転換してきています。

    その背景にあるのは、日本社会が抱える労働生産人口の減少による人手不足や競争環境の激化に伴うさらなる生産性の向上などの課題。そして現在では、コロナ感染拡大防止の観点からも協働ロボットは新たな注目を集めています。

    私たちは、お客さまのパートナーとしてロボットシステムを構築するロボットSIer(システムインテグレータ)の立ち位置と同時に、国内外のさまざまな協働ロボットや周辺機器メーカーの販売代理店という役割も果たし、協働ロボット普及の重要な一翼を担っています。

    協働ロボットの新たな拠点として、愛知県一宮市に協調安全ロボットテクニカルセンターを設置。協働ロボットの選定から、システムの設計、そして協働ロボット導入に不可欠なリスクアセスメント、導入後の安全方策まで、トータルでサポートします。

ノースフェイス キッズ シェルパフリースジャケット 150 ネイビー 激安先着

ノースフェイス キッズ シェルパフリースジャケット 150 ネイビー
ノースフェイスのシェルパフリースジャケットになります。サイズは150です。3回着用しました。
自宅保管になりますので神経質な方はご遠慮下さい。
商品の情報
カテゴリー:ベビー・キッズ>キッズ服(男女兼用) 100cm~>ジャケット/上着>
商品のサイズ:目立った傷や汚れなし
商品のサイズ:150cm
ブランド:ザ ノースフェイス
配送料の負担:送料込み(出品者負担)
発送元の地域:150cm
発送までの日数:1~2日で発送
 育休を取った男性の44・5%は、1日の家事・育児が3時間以下――。せっかく育休を取っても、家事・育児をほとんどしない男性の「とるだけ育休」。その実態について、ある民間企業の最新調査が8月末に発表された。調査に協力した妻たちは「(夫は)指示しないと動きが悪い。自分で考えて行動してほしい」「睡眠時間の
コネヒトの高橋恭文・代表取締役=同社提供 拡大
コネヒトの高橋恭文・代表取締役=同社提供

 育休を取った男性の44・5%は、1日の家事・育児が3時間以下――。せっかく育休を取っても、家事・育児をほとんどしない男性の「とるだけ育休」。その実態について、ある民間企業の最新調査が8月末に発表された。調査に協力した妻たちは「(夫は)指示しないと動きが悪い。自分で考えて行動してほしい」「睡眠時間の確保に協力してほしい」など、リアルな思いを寄せた。そんなモヤモヤを基に考えられた、とるだけ育休を防ぐ「7つの法則」や、その先にあるものとは? 【宇多川はるか】

3年たってもほぼ変わらず

  拡大
 

 調査したのは、出産・育児に関するアプリ「ママリ」を運営する会社「コネヒト」(東京)。妊娠中や出産時の不安、赤ちゃんが生まれた後の離乳食や保育園のこと……。アプリは誰でも匿名で質問や回答ができて、子育ての経験談をシェアできる。月間の投稿数は約130万件、検索数は約400万件に上るという、子を持つ母には身近なアプリだ。

 「とるだけ育休」という言葉はそもそも、そんなアプリを展開するコネヒトが創った。初めてこの言葉を使ったのは、2019年の実態調査。公益財団法人「日本財団」とともにネットで実施した「パパ・ママの育児への向き合い方と負担感や孤立感についての調査」で、夫が育休を取得した約500人の母親たちから回答を得た。

 夫(パートナー)について聞いた項目では、育休中の男性の32・3%、つまり3人に1人が「1日の家事・育児は2時間以下」で、47・4%が「3時間以下」という結果だった。さらに、夫の育休中の家事・育児時間が少ないほど、夫婦の役割分担についての「納得度」が低かった。

夫の育休中の家事・育児 1日3時間以下の割合 拡大
夫の育休中の家事・育児 1日3時間以下の割合

 “ポーズ”だけの「とるだけ育休」の実態を浮き彫りにした調査結果は、さまざまなメディアで取り上げられるなど話題になった。

 だが、3年たっても状況はほぼ変わっていなかった。

 22年10月から、子が生まれて8週以内に計4週分の休みを男性が分割して取れる「産後パパ育休」がスタートするなど、男性育休を促進する改正育児・介護休業法が段階的に施行されている。コネヒトはそんな状況も見ながら、22年8月に「とるだけ育休」のネット調査を再び実施した。

 夫が育休を取得した妻約300人から回答を得た結果、育休を取得した男性の「1日の家事・育児時間」は「3時間以下」が44・5%で、19年調査から2・9ポイント改善しただけだった。

ポジティブな声も

 調査で、妻からの「自由回答」で寄せられた声には、夫へのリアルな思いがあふれている。

 <共働きで余裕がないため家事分担を決めたが、忘れていたりなかなかやってくれなかったりした>

妊娠や出産、子育ての悩みについて質問・回答できるアプリ「ママリ」の一画面=同アプリより 拡大
妊娠や出産、子育ての悩みについて質問・回答できるアプリ「ママリ」の一画面=同アプリより

 <仕事から帰ってきたらスマホばかり見ている。もっと子どもに向き合ってほしい>

 <おむつ替えや抱っこ、お風呂を赤ちゃんの機嫌良くできるようになってほしい。出掛けたいのに預けていけない>

 <コロナ禍で人と話す機会がほとんどなく、寄り添って話を聞いてほしい>

 <(夫の育休)取得期間が短すぎる>

 一方で、ポジティブな声もあった。

 <産後は基本的に夫が全ての家事・育児をやる決意を持っていて、実際にそうしてくれた。身体的にも精神的にも負担が減って、ありがたいと思った>

 <子どもの様子をうれしそうに見ている姿を見ると、産んでよかったなと思う>

 <とにかく口に出してねぎらってくれた>

 <子どもが早起きした時に一緒に起きてくれて、私の睡眠時間を作ってくれた>

育児休業取得率の推移 拡大
育児休業取得率の推移

 寄せられたこうした不満や満足の声に基づき、コネヒトは「とるだけ育休」を防ぐために夫が意識すべきポイントをまとめた「7つの法則」を考案し、9月に発表。その内容を見てみたい。

 ①家事・育児の量的な担当、②家族との時間を楽しむ、③精神的に支える、④主体的な姿勢、⑤(妻に)休息・睡眠をとらせる、⑥必要なスキルの習得、⑦十分な期間の育休取得――。

 コネヒトの高橋恭文・代表取締役に聞くと、「とるだけ育休」を切り口にした“狙い”を話してくれた。

目指す家族像に近づくために

 「男性の家事・育児について話し合うために取っかかりになる目安が、夫婦や社会に足りないなと思っていまして……」。高橋代表はそう話す。

改正育児・介護休業法のポイント 拡大
改正育児・介護休業法のポイント

 「『ママリ』に寄せられる多くの女性の悩みの奥には、家事・育児を巡るパートナーさんへの愚痴に近い要望があります。一方で、『妻や子と向き合いたい』と思っている男性は少なくないです。女性側の要望に気づけず、目指そうとする家族像が実現できないのは、機会損失だなと思いました」

 「とるだけ育休」の標語も、「男性の家事・育児」を論点にするきっかけになればとの問題意識で考えたものだった。

 「男性が家事・育児に参画できていないことは、まだまだ社会全体の課題として認識されていないと思います。その認識ができれば男性側も変わっていけるし、(そのための標語になる)言葉は大事だと思いました」

赤ちゃんの沐浴(もくよく)の仕方を学ぶ男性=福岡県久留米市上津1で2020年2月22日午後2時41分、高芝菜穂子撮影 拡大
赤ちゃんの沐浴(もくよく)の仕方を学ぶ男性=福岡県久留米市上津1で2020年2月22日午後2時41分、高芝菜穂子撮影

 高橋さんは、19年の調査で「とるだけ育休」という概念を発表して広まった結果、「企業側などから、育休取得率を向上させた先にあるものは何か、という問いが立ち始めた」と語る。男性が育休を1日でも取れば取得率は上がるが、その数字だけではなく、実際に取った後の過ごし方にスポットを当てたのが「とるだけ育休」だった。

 3年たって結果がほぼ変わらなかった調査についても、ポジティブに受け止めている。「(景気の)遅行指標的なもので、まだ女性側の“一生活者”としての実感には届いていないということだと思います。社会は着実に変化しています。家族の働き方にコミットしてサポートする企業が求められる時代になっていくのではないでしょうか」

 さらに、高橋さんはこう指摘する。

 「育休を取る男性は、世代ごとに入れ替わっていきます。自分たちの世代の課題をどう解決し、次の世代につなげていけるか。未来に向けて何を用意していくかという観点を、個人と企業がどれだけ当事者感覚を持ってやれるかが問われていると思います」

  1. facebook
  2. twitter
  3. linkedin
  4. pinterest

協働ロボットや周辺機器の販売代理店である強み

  • お客さまにとって最適な協働ロボットシステム構築をサポートするためには、特定の製品に依存せず、さまざまなメーカーとパイプがあることは非常に重要です。

    なぜなら、メーカーそれぞれの強み・弱みを客観的に評価でき、またメーカーとの情報交換を密にすることにより、製品それぞれの特長を最大限に活かしたシステム構築ができるからです。

    「どのロボットを選ぶか?」の前に、「どんな課題を解決したいのか?」。

    ロボット導入は、あくまでそのための手段であることを私たちは忘れません。

  1. ホーム
  2. ベッド
  3. ネイビー ノースフェイス キッズ シェルパフリースジャケット 150

情報サイト「協働ロボット.com」を開設、協働ロボットに関する情報を幅広く提供

  • ロボットシステム事業部を立ち上げた際、最初に感じた疑問は、世の中に出ている協働ロボットに関する情報があまりにも不足しているということでした。

    インターネットで調べてみても、メーカーの情報はあるものの、お客さまサイドに立った協働ロボットの特徴や導入方法などの基本的な情報がなかなか見つかりません。

    まずは情報を必要としている人に対して、的確な情報を提供することも私たちロボットSIerの役目ではないか?そんな観点から立ち上げたのが「協働ロボット.com」です。

    開設から3年以上が経過、今では日々さまざまなご相談やご質問を頂くようになっています。

〈システム開発実績〉

  1. ロボットシステム
    ・工作機械(旋盤)へのマシンテンディングシステム
    ・プレス加工機へのマシンテンディングシステム
    ・出荷梱包小箱⇒大箱箱詰めシステム
    ・出荷パレットへのパレタイジングシステム
    ・3Dビジョンを活用した自動車部品ピッキングシステム
    ・塗布(シーリング)システム
    ・双腕ロボットによる電子部品組付けシステム
    ・双腕ロボットによる半田付けシステム

  2. AMR搬送システム(トップモジュール)
    ・コンベア付きAMRシステム
    ・カート付きAMRシステム
    ・移動型ロボットワークピッキングシステム(協働型ロボット+MIR)
    ・移動型ロボットワーク供給システム(協働型ロボット+MIR)
    ・牽引型AMRシステム

Products & Services関連する製品 & サービスを見る