さらなる自動化の先に
人とロボットが協働する、新たな社会の到来を見据えて

  • FA(ファクトリーオートメーション)事業において私たちは、数々の生産現場の自動化をサポートしてきました。しかし、さまざまな工程で自動化は進んでいるものの、まだまだ人手に頼る作業が多く残っているのも現実です。 さらなる自動化を進めるためには、この先はロボットの活用が不可欠。その問題意識から、2015年に立ち上げたのが、協調安全ロボット事業です。

    私たちの協調安全ロボット事業の特長は、協働ロボットに特化した事業であることです。 協働ロボットが普及する前まで主流だった産業ロボットは、自動車や機械製造など、比較的大きな製造ラインを柵で囲い、安全を確保するため人の作業と分離した状況で固定的に使われてきました。そのため繰り返しの単純作業には向いていても、状況に応じて変種変量に柔軟に対応する必要がある製造現場には不向きでした。

    しかし技術革新とともにロボットの小型化が図られ、また法規制の緩和により、柵なしでの人とロボットの共同作業が可能となり、産業ロボットのジャンルの中で、人との共同作業を前提とした新たなロボットが続々と誕生してきました。それが協働ロボットなのです。

    また最近では、物流業界で高まっているニーズに対応するため、自律走行搬送ロボット(AMR /AGV)を新たな製品ラインナップに加え、展開しています。

【希少】Baby Animal ベイビーアニマル しろくま バーチャルペット,

協働ロボットシステム構築のフロンティアとして

  • 時代の進展とともに、ものづくりの現場は人と機械が分離された環境から、人とロボットが協働する新たなステージへ大きく転換してきています。

    その背景にあるのは、日本社会が抱える労働生産人口の減少による人手不足や競争環境の激化に伴うさらなる生産性の向上などの課題。そして現在では、コロナ感染拡大防止の観点からも協働ロボットは新たな注目を集めています。

    私たちは、お客さまのパートナーとしてロボットシステムを構築するロボットSIer(システムインテグレータ)の立ち位置と同時に、国内外のさまざまな協働ロボットや周辺機器メーカーの販売代理店という役割も果たし、協働ロボット普及の重要な一翼を担っています。

    協働ロボットの新たな拠点として、愛知県一宮市に協調安全ロボットテクニカルセンターを設置。協働ロボットの選定から、システムの設計、そして協働ロボット導入に不可欠なリスクアセスメント、導入後の安全方策まで、トータルでサポートします。

ハクバ レニュー トートバッグ M Chululu ネイビー SCHRETTMNV 激安本物

ハクバ レニュー トートバッグ M Chululu ネイビー SCHRETTMNV





商品情報



●伊藤忠商事株式会社の登録商標である循環型素材ブランド「RENU(レニュー)」の再生ポリエステルを採用し、化石燃料の使用量削減と衣料廃棄量の削減を実現したサスティナブルで、タウンユースに適したカジュアルな3Wayトートバッグです。


メーカー商品詳細ページはこちら










スペック
スペックを閉じる


●材質:RENUポリエステル、ポリエステル
●外寸法:約W35.0×H34.5×D14.0cm
●内寸法:約W33.0×H34.0×D13.0cm
●インナーケース内寸法:約W21.5×H14.0×D10.5cm
●PC収納部参考収容寸法:約W30.5×H26.0×D2.0cm
●質量:約480g






 東京オリンピック・パラリンピックの本番前に競技会場で運営の確認を行った「テスト大会」を巡り、大会組織委員会から実施計画の立案業務を落札した複数の企業の間で談合が行われた疑いがあることが関係者への取材で判明した。組織委元理事の高橋治之被告(78)=受託収賄罪で起訴=を巡る汚職事件の捜査の過程で浮上し
東京地検が入る庁舎=金寿英撮影 拡大
東京地検が入る庁舎=金寿英撮影

 東京オリンピック・パラリンピックの本番前に競技会場で運営の確認を行った「テスト大会」を巡り、大会組織委員会から実施計画の立案業務を落札した複数の企業の間で談合が行われた疑いがあることが関係者への取材で判明した。組織委元理事の高橋治之被告(78)=受託収賄罪で起訴=を巡る汚職事件の捜査の過程で浮上したといい、東京地検特捜部は独占禁止法違反(不当な取引制限)に当たる可能性もあるとみて、公正取引委員会と連携して捜査を進めるとみられる。

 関係者によると、談合の疑いが持たれているのは組織委が2018年に発注したテスト大会の「計画立案、計画支援業務」。テスト大会は警備態勢や選手の動線確保など大会運営の問題点を事前に洗い出し、本番前に運営側の課題解決や能力向上を図る目的がある。東京五輪・パラでは18年9月~21年7月に計56回実施された。

 組織委はテスト大会の運営には「国際大会、競技大会の実施経験が必要」として、広告代理店などの「イベント運営事業者」を念頭に実施計画の立案事業者を募った。競技会場ごとに計26件の一般競争入札が実施され、大手広告会社「電通」など9社と共同企業体1団体が落札した。

 組織委の公表資料によると、26件の落札総額は計約5億3000万円で、1件当たりの落札額は約6000万~約400万円。入札方法は事業者が提出した提案書などを基に技術や価格を点数化して決める「総合評価方式」だった。特捜部は、入札に参加した企業の間で事前に落札者を決めるなどの受注調整が行われたとみている模様だ。

 また、立案業務を落札した事業者はその後、テスト大会の運営や本大会に関する運営業務でも組織委と「特別契約」を結んでいた。特別契約は競争入札を経ない随意契約だったため、組織委は契約内容や契約額を明らかにしていないとみられる。

 独占禁止法は、業者間で受注調整をする談合や価格協定を結ぶカルテルなどを「不当な取引制限」として禁じている。違反すれば課徴金納付命令などの行政処分の対象となる他、悪質かつ重大な場合は公取委が検事総長に告発して刑事罰を求める。罰則は、個人は5年以下の懲役または500万円以下の罰金、法人は社員らが違反した場合に組織も処罰される「両罰規定」で5億円以下の罰金。【二村祐士朗、井口慎太郎、松尾知典、島袋太輔】

  1. facebook
  2. twitter
  3. linkedin
  4. pinterest

協働ロボットや周辺機器の販売代理店である強み

  • お客さまにとって最適な協働ロボットシステム構築をサポートするためには、特定の製品に依存せず、さまざまなメーカーとパイプがあることは非常に重要です。

    なぜなら、メーカーそれぞれの強み・弱みを客観的に評価でき、またメーカーとの情報交換を密にすることにより、製品それぞれの特長を最大限に活かしたシステム構築ができるからです。

    「どのロボットを選ぶか?」の前に、「どんな課題を解決したいのか?」。

    ロボット導入は、あくまでそのための手段であることを私たちは忘れません。

  1. ホーム
  2. カメラ・GoPro・レンズ・SDメモリー
  3. SCHRETTMNV ネイビー Chululu M トートバッグ レニュー ハクバ

情報サイト「協働ロボット.com」を開設、協働ロボットに関する情報を幅広く提供

  • ロボットシステム事業部を立ち上げた際、最初に感じた疑問は、世の中に出ている協働ロボットに関する情報があまりにも不足しているということでした。

    インターネットで調べてみても、メーカーの情報はあるものの、お客さまサイドに立った協働ロボットの特徴や導入方法などの基本的な情報がなかなか見つかりません。

    まずは情報を必要としている人に対して、的確な情報を提供することも私たちロボットSIerの役目ではないか?そんな観点から立ち上げたのが「協働ロボット.com」です。

    開設から3年以上が経過、今では日々さまざまなご相談やご質問を頂くようになっています。

〈システム開発実績〉

  1. ロボットシステム
    ・工作機械(旋盤)へのマシンテンディングシステム
    ・プレス加工機へのマシンテンディングシステム
    ・出荷梱包小箱⇒大箱箱詰めシステム
    ・出荷パレットへのパレタイジングシステム
    ・3Dビジョンを活用した自動車部品ピッキングシステム
    ・塗布(シーリング)システム
    ・双腕ロボットによる電子部品組付けシステム
    ・双腕ロボットによる半田付けシステム

  2. AMR搬送システム(トップモジュール)
    ・コンベア付きAMRシステム
    ・カート付きAMRシステム
    ・移動型ロボットワークピッキングシステム(協働型ロボット+MIR)
    ・移動型ロボットワーク供給システム(協働型ロボット+MIR)
    ・牽引型AMRシステム