さらなる自動化の先に
人とロボットが協働する、新たな社会の到来を見据えて

  • FA(ファクトリーオートメーション)事業において私たちは、数々の生産現場の自動化をサポートしてきました。しかし、さまざまな工程で自動化は進んでいるものの、まだまだ人手に頼る作業が多く残っているのも現実です。 さらなる自動化を進めるためには、この先はロボットの活用が不可欠。その問題意識から、2015年に立ち上げたのが、協調安全ロボット事業です。

    私たちの協調安全ロボット事業の特長は、協働ロボットに特化した事業であることです。 協働ロボットが普及する前まで主流だった産業ロボットは、自動車や機械製造など、比較的大きな製造ラインを柵で囲い、安全を確保するため人の作業と分離した状況で固定的に使われてきました。そのため繰り返しの単純作業には向いていても、状況に応じて変種変量に柔軟に対応する必要がある製造現場には不向きでした。

    しかし技術革新とともにロボットの小型化が図られ、また法規制の緩和により、柵なしでの人とロボットの共同作業が可能となり、産業ロボットのジャンルの中で、人との共同作業を前提とした新たなロボットが続々と誕生してきました。それが協働ロボットなのです。

    また最近では、物流業界で高まっているニーズに対応するため、自律走行搬送ロボット(AMR /AGV)を新たな製品ラインナップに加え、展開しています。

仮面ライダーエグゼイド 変身ゲーム DXガシャットギア デュアルβ,

協働ロボットシステム構築のフロンティアとして

  • 時代の進展とともに、ものづくりの現場は人と機械が分離された環境から、人とロボットが協働する新たなステージへ大きく転換してきています。

    その背景にあるのは、日本社会が抱える労働生産人口の減少による人手不足や競争環境の激化に伴うさらなる生産性の向上などの課題。そして現在では、コロナ感染拡大防止の観点からも協働ロボットは新たな注目を集めています。

    私たちは、お客さまのパートナーとしてロボットシステムを構築するロボットSIer(システムインテグレータ)の立ち位置と同時に、国内外のさまざまな協働ロボットや周辺機器メーカーの販売代理店という役割も果たし、協働ロボット普及の重要な一翼を担っています。

    協働ロボットの新たな拠点として、愛知県一宮市に協調安全ロボットテクニカルセンターを設置。協働ロボットの選定から、システムの設計、そして協働ロボット導入に不可欠なリスクアセスメント、導入後の安全方策まで、トータルでサポートします。

スリック クイックシューアダプター DS30 全日本送料無料

スリック クイックシューアダプター DS30





商品情報



●アルカスイス互換規格の汎用クイックシューアダプター。
●クイックシューを装備しない雲台上に取り付けて、アルカスイス規格のクイックシューを取り付けできます。
●シンプルながらしっかりとした固定力が魅力です。
●シューはコインいらずのネジツマミ付。コインでも締め付け可能。
●※画像はイメージです。


メーカー商品詳細ページはこちら










スペック
スペックを閉じる


●最大搭載荷重:10kg
●雲台取り付けネジ:U1/4インチ ※アダプターを取り外せばU3/8にも対応
●カメラ取付ネジ:U1/4インチ
●高さ:2.5cm
●寸法:7.0×10.5cm
●質量:180g




 新型コロナウイルスの新変異株「オミクロン株」による感染が急拡大する中、東京都の小池百...
記者会見する東京都の小池百合子知事=14日

記者会見する東京都の小池百合子知事=14日

 新型コロナウイルスの新変異株「オミクロン株」による感染が急拡大する中、東京都の小池百合子知事が感染防止と社会経済活動を両立させる対策を模索している。昨夏の「第5波」までは飲食店に営業時間短縮を要請し、酒類提供を制限したが、「狙い撃ちだ」と反発も大きかった。知事は「陽性者数が急増する一方で軽症が多いといったオミクロン株の特徴に鑑みながら必要な対策を講じる」と話すが―。(土門哲雄、加藤健太)
 「感染を止める。社会は止めない。二刀流で強敵のオミクロンに打ち勝っていく」。小池知事は14日の定例記者会見で、大リーグで活躍する大谷翔平選手を念頭にこう強調した。
 都は、病床使用率が確保病床の20%でまん延防止等重点措置、50%で緊急事態宣言の要請を検討すると13日に表明した。14日は新規感染者が4051人、病床使用率は17%に達した。重点措置の水準になれば、飲食店への時短や酒類提供制限が視野に入る。
 これまで都に重点措置が出されたのは昨年4月と6~7月の2回。1回目の後には緊急事態宣言が発令され、解除後に2回目の重点措置となった。重点措置では飲食店に時短を要請し、2回目は酒類提供も制限した。それでも感染拡大は防げず、7月中旬には再び緊急事態宣言が出された。
 都は、入院できず自宅療養中の死亡が相次いだ昨夏の第5波の反省から、病床使用率を重視した国のレベルに準じた行動制限の目安を昨年11月に公表。3週間後の病床使用率が20%に達するか7日間平均の新規感染者が500人の「レベル2」段階で飲食店に人数制限を要請、新規感染者700人の「レベル2.5」で時短要請もするとの目安を示していた。14日時点の7日間平均の新規感染者は1950人に上る。
 だが、今回のオミクロン株の流行では、こうした水準を超えても時短要請に踏み切らず、今月11日から会食の人数を1テーブル4人以内とするよう依頼を厳格化するにとどめている。都幹部は「オミクロンの特性を踏まえて基準を見直す必要がある。行動制限を求めても『病床は空いてるじゃないか』と言われたら、協力してもらえない」と打ち明ける。

◆地下鉄ストップ、ごみ収集停滞「東京で起こってもおかしくない」

 小池知事は会見で、オミクロン株の感染者が公共部門でも急増し、地下鉄が止まった米ニューヨークやごみ収集が停滞している英国のような状況が「いつ東京で起こってもおかしくない」と警戒感を表した。
 一方で、感染防止と社会経済活動を両立させる具体策までは踏み込まなかった。飲食店に客足が戻りつつあり、オミクロン株の重症化リスクも不透明な中、飲食店の営業を制限して感染拡大を防ぐ効果を得られるのかと記者に問われると、「まさにいい質問」と応じた。その上で、対策については「専門家の意見や他国の例、新しい情報を見ながら、最も効果のある方法をとりたい」と話すにとどめた。
  1. facebook
  2. twitter
  3. linkedin
  4. pinterest

協働ロボットや周辺機器の販売代理店である強み

  • お客さまにとって最適な協働ロボットシステム構築をサポートするためには、特定の製品に依存せず、さまざまなメーカーとパイプがあることは非常に重要です。

    なぜなら、メーカーそれぞれの強み・弱みを客観的に評価でき、またメーカーとの情報交換を密にすることにより、製品それぞれの特長を最大限に活かしたシステム構築ができるからです。

    「どのロボットを選ぶか?」の前に、「どんな課題を解決したいのか?」。

    ロボット導入は、あくまでそのための手段であることを私たちは忘れません。

  1. ホーム
  2. カメラ・GoPro・レンズ・SDメモリー
  3. スリック クイックシューアダプター DS30

情報サイト「協働ロボット.com」を開設、協働ロボットに関する情報を幅広く提供

  • ロボットシステム事業部を立ち上げた際、最初に感じた疑問は、世の中に出ている協働ロボットに関する情報があまりにも不足しているということでした。

    インターネットで調べてみても、メーカーの情報はあるものの、お客さまサイドに立った協働ロボットの特徴や導入方法などの基本的な情報がなかなか見つかりません。

    まずは情報を必要としている人に対して、的確な情報を提供することも私たちロボットSIerの役目ではないか?そんな観点から立ち上げたのが「協働ロボット.com」です。

    開設から3年以上が経過、今では日々さまざまなご相談やご質問を頂くようになっています。

〈システム開発実績〉

  1. ロボットシステム
    ・工作機械(旋盤)へのマシンテンディングシステム
    ・プレス加工機へのマシンテンディングシステム
    ・出荷梱包小箱⇒大箱箱詰めシステム
    ・出荷パレットへのパレタイジングシステム
    ・3Dビジョンを活用した自動車部品ピッキングシステム
    ・塗布(シーリング)システム
    ・双腕ロボットによる電子部品組付けシステム
    ・双腕ロボットによる半田付けシステム

  2. AMR搬送システム(トップモジュール)
    ・コンベア付きAMRシステム
    ・カート付きAMRシステム
    ・移動型ロボットワークピッキングシステム(協働型ロボット+MIR)
    ・移動型ロボットワーク供給システム(協働型ロボット+MIR)
    ・牽引型AMRシステム

Products & Services関連する製品 & サービスを見る