さらなる自動化の先に
人とロボットが協働する、新たな社会の到来を見据えて

  • FA(ファクトリーオートメーション)事業において私たちは、数々の生産現場の自動化をサポートしてきました。しかし、さまざまな工程で自動化は進んでいるものの、まだまだ人手に頼る作業が多く残っているのも現実です。 さらなる自動化を進めるためには、この先はロボットの活用が不可欠。その問題意識から、2015年に立ち上げたのが、協調安全ロボット事業です。

    私たちの協調安全ロボット事業の特長は、協働ロボットに特化した事業であることです。 協働ロボットが普及する前まで主流だった産業ロボットは、自動車や機械製造など、比較的大きな製造ラインを柵で囲い、安全を確保するため人の作業と分離した状況で固定的に使われてきました。そのため繰り返しの単純作業には向いていても、状況に応じて変種変量に柔軟に対応する必要がある製造現場には不向きでした。

    しかし技術革新とともにロボットの小型化が図られ、また法規制の緩和により、柵なしでの人とロボットの共同作業が可能となり、産業ロボットのジャンルの中で、人との共同作業を前提とした新たなロボットが続々と誕生してきました。それが協働ロボットなのです。

    また最近では、物流業界で高まっているニーズに対応するため、自律走行搬送ロボット(AMR /AGV)を新たな製品ラインナップに加え、展開しています。

ポロ ラルフローレン 150 ニット セーター 新品,

協働ロボットシステム構築のフロンティアとして

  • 時代の進展とともに、ものづくりの現場は人と機械が分離された環境から、人とロボットが協働する新たなステージへ大きく転換してきています。

    その背景にあるのは、日本社会が抱える労働生産人口の減少による人手不足や競争環境の激化に伴うさらなる生産性の向上などの課題。そして現在では、コロナ感染拡大防止の観点からも協働ロボットは新たな注目を集めています。

    私たちは、お客さまのパートナーとしてロボットシステムを構築するロボットSIer(システムインテグレータ)の立ち位置と同時に、国内外のさまざまな協働ロボットや周辺機器メーカーの販売代理店という役割も果たし、協働ロボット普及の重要な一翼を担っています。

    協働ロボットの新たな拠点として、愛知県一宮市に協調安全ロボットテクニカルセンターを設置。協働ロボットの選定から、システムの設計、そして協働ロボット導入に不可欠なリスクアセスメント、導入後の安全方策まで、トータルでサポートします。

バーバリーキッズ 長袖シャツ BUR-042【★冬先取りの超特価‼】 格安SALEスタート!

バーバリーキッズ 長袖シャツ BUR-042【★冬先取りの超特価‼】
色:ホワイト

サイズ:着丈65cm 肩幅34cm 身幅39cm  袖幅53cm

服サイズ:152cm


適合年齢:12歳
    ※人によって異なりますので、目安になりますのでサイズ確認必須

在庫:1着

未使用商品

イタリア高級ブランドセレクトショップ La bambino出展品

直接イタリアに買付商品

35500円→19800円の大特価!!
商品の情報
カテゴリー:ベビー・キッズ>キッズ服(男女兼用) 100cm~>トップス(Tシャツ/カットソー)>
商品のサイズ:新品、未使用
商品のサイズ:150cm
ブランド:バーバリー
配送料の負担:送料込み(出品者負担)
発送元の地域:150cm
発送までの日数:2~3日で発送
 サッカーのワールドカップ(W杯)カタール大会で日本は1日(日本時間2日)、1次リーグE組の最終戦でスペインに2―1で逆転勝利した。日本は2勝1敗の勝ち点6とし、同組首位で2大会連続の決勝トーナメント進出を決めた。 ◇スペインの細かいパスに対抗 スペインの強力攻撃陣に対抗するため、日本が選択した守備
スペイン戦の後半、ゴールに迫る日本の三笘薫(上)=2022年12月1日、AP 拡大
スペイン戦の後半、ゴールに迫る日本の三笘薫(上)=2022年12月1日、AP

 サッカーのワールドカップ(W杯)カタール大会で日本は1日(日本時間2日)、1次リーグE組の最終戦でスペインに2―1で逆転勝利した。日本は2勝1敗の勝ち点6とし、同組首位で2大会連続の決勝トーナメント進出を決めた。

スペインの細かいパスに対抗

 スペインの強力攻撃陣に対抗するため、日本が選択した守備陣形は、スタートから3バックで臨むことだった。

 ここまで2戦の最終ラインは4バックでスタートし、途中から3バックに変更した。3バックの中央で最終ラインを統率した主将の吉田麻也が狙いを明かす。「3バックもしくは5バックでしっかりハメにいく。後ろは我慢するというプランだった」

 スペインはボール保持にこだわり、短いパスをつないで自陣から攻撃を組み立ててくる。森保一監督が率いて吉田も出場した東京オリンピックの準決勝で対戦し、4バックが有効に機能しなかった点も考慮しての選択だった。

 相手が細かくパスを回して攻め入ってくるスペースを埋めるため、中盤の両サイドに入った長友佑都と伊東純也も下がって5バックとなって自陣でブロックを作り、相手の攻撃に耐えた。

 前半11分に先制点を許して苦しくなったが、連動した攻撃の起点になるセンターFWで先制点を挙げたモラタにボールが収まらないように、吉田がしつこく圧力をかけ続けた。傷口を最小限にとどめながら、反撃の機会をうかがった。

リスク承知で勝負仕掛ける

 そしてスペインの動きが鈍くなるであろう後半最初の10分間に、相手をハメにいく勝負を仕掛けた。後半開始から堂安律と三笘薫の両アタッカーを同時投入し、リスクを背負って攻めにいくと決めた。

 最前線の前田大然を相手のボール保持者に向かって走らせた。前田だけでなく二の矢、三の矢と前線の選手も加勢していく。後半3分の堂安の同点ゴールは前田が相手GKシモンに果敢にプレスをかけたのが起点になった。3分後の田中碧の逆転ゴールも自陣からのロングボールを縦に素早く運んだ。森保監督は「相手にボールを握られてもしっかり守り、良い守備から良い攻撃につなげていくことを選手たちが実践してくれた。前半我慢した分、カウンターへ移れた」とプラン通りの展開だったことを強調した。

 逆転後には再び守りを固めたこともあり、ボール保持率はスペインの74%に対し、わずか17%にとどまった。それでも堂安は「ボールは支配されていたが、あれは一つの戦術」と言い切る。逃げ切りを図るために相当な時間を自陣で過ごすことになったが、吉田は「引いた相手に対して守備をこじ開けるのは(スペインでも)難しいというのは何となくイメージできていた。それを最後までかなり長い時間、徹底してやれた」と誇った。それぞれの「攻」と「守」へのイメージ共有が尽くされた上での逆転劇だった。【ドーハ長宗拓弥】

  1. facebook
  2. twitter
  3. linkedin
  4. pinterest

協働ロボットや周辺機器の販売代理店である強み

  • お客さまにとって最適な協働ロボットシステム構築をサポートするためには、特定の製品に依存せず、さまざまなメーカーとパイプがあることは非常に重要です。

    なぜなら、メーカーそれぞれの強み・弱みを客観的に評価でき、またメーカーとの情報交換を密にすることにより、製品それぞれの特長を最大限に活かしたシステム構築ができるからです。

    「どのロボットを選ぶか?」の前に、「どんな課題を解決したいのか?」。

    ロボット導入は、あくまでそのための手段であることを私たちは忘れません。

  1. ホーム
  2. ベッド
  3. バーバリーキッズ 長袖シャツ BUR-042【★冬先取りの超特価‼】

情報サイト「協働ロボット.com」を開設、協働ロボットに関する情報を幅広く提供

  • ロボットシステム事業部を立ち上げた際、最初に感じた疑問は、世の中に出ている協働ロボットに関する情報があまりにも不足しているということでした。

    インターネットで調べてみても、メーカーの情報はあるものの、お客さまサイドに立った協働ロボットの特徴や導入方法などの基本的な情報がなかなか見つかりません。

    まずは情報を必要としている人に対して、的確な情報を提供することも私たちロボットSIerの役目ではないか?そんな観点から立ち上げたのが「協働ロボット.com」です。

    開設から3年以上が経過、今では日々さまざまなご相談やご質問を頂くようになっています。

〈システム開発実績〉

  1. ロボットシステム
    ・工作機械(旋盤)へのマシンテンディングシステム
    ・プレス加工機へのマシンテンディングシステム
    ・出荷梱包小箱⇒大箱箱詰めシステム
    ・出荷パレットへのパレタイジングシステム
    ・3Dビジョンを活用した自動車部品ピッキングシステム
    ・塗布(シーリング)システム
    ・双腕ロボットによる電子部品組付けシステム
    ・双腕ロボットによる半田付けシステム

  2. AMR搬送システム(トップモジュール)
    ・コンベア付きAMRシステム
    ・カート付きAMRシステム
    ・移動型ロボットワークピッキングシステム(協働型ロボット+MIR)
    ・移動型ロボットワーク供給システム(協働型ロボット+MIR)
    ・牽引型AMRシステム

Products & Services関連する製品 & サービスを見る