さらなる自動化の先に
人とロボットが協働する、新たな社会の到来を見据えて

  • FA(ファクトリーオートメーション)事業において私たちは、数々の生産現場の自動化をサポートしてきました。しかし、さまざまな工程で自動化は進んでいるものの、まだまだ人手に頼る作業が多く残っているのも現実です。 さらなる自動化を進めるためには、この先はロボットの活用が不可欠。その問題意識から、2015年に立ち上げたのが、協調安全ロボット事業です。

    私たちの協調安全ロボット事業の特長は、協働ロボットに特化した事業であることです。 協働ロボットが普及する前まで主流だった産業ロボットは、自動車や機械製造など、比較的大きな製造ラインを柵で囲い、安全を確保するため人の作業と分離した状況で固定的に使われてきました。そのため繰り返しの単純作業には向いていても、状況に応じて変種変量に柔軟に対応する必要がある製造現場には不向きでした。

    しかし技術革新とともにロボットの小型化が図られ、また法規制の緩和により、柵なしでの人とロボットの共同作業が可能となり、産業ロボットのジャンルの中で、人との共同作業を前提とした新たなロボットが続々と誕生してきました。それが協働ロボットなのです。

    また最近では、物流業界で高まっているニーズに対応するため、自律走行搬送ロボット(AMR /AGV)を新たな製品ラインナップに加え、展開しています。

ヒスミニ パンダセット,

協働ロボットシステム構築のフロンティアとして

  • 時代の進展とともに、ものづくりの現場は人と機械が分離された環境から、人とロボットが協働する新たなステージへ大きく転換してきています。

    その背景にあるのは、日本社会が抱える労働生産人口の減少による人手不足や競争環境の激化に伴うさらなる生産性の向上などの課題。そして現在では、コロナ感染拡大防止の観点からも協働ロボットは新たな注目を集めています。

    私たちは、お客さまのパートナーとしてロボットシステムを構築するロボットSIer(システムインテグレータ)の立ち位置と同時に、国内外のさまざまな協働ロボットや周辺機器メーカーの販売代理店という役割も果たし、協働ロボット普及の重要な一翼を担っています。

    協働ロボットの新たな拠点として、愛知県一宮市に協調安全ロボットテクニカルセンターを設置。協働ロボットの選定から、システムの設計、そして協働ロボット導入に不可欠なリスクアセスメント、導入後の安全方策まで、トータルでサポートします。

セーター ミキハウス 120センチ 【 新品 】

セーター ミキハウス 120センチ
カラー···ホワイト
季節感···冬
素材···ニット
こちら新品未使用です。ミキハウスのニットセーター120センチです。
商品の情報
カテゴリー:ベビー・キッズ>キッズ服(男女兼用) 100cm~>トップス(その他)>
商品のサイズ:新品、未使用
商品のサイズ:120cm
ブランド:ミキハウス
配送料の負担:送料込み(出品者負担)
発送元の地域:120cm
発送までの日数:2~3日で発送
 サッカーのワールドカップ(W杯)カタール大会で日本は8強進出を逃した。だが、4試合全てに出場した三重県菰野町出身のFW浅野拓磨(28、ボーフム)選手の活躍は、浅野選手に憧れて練習に励む地元のサッカー少年にも勇気を与えた。 浅野選手は地元に帰る度に、小学校時代に所属したサッカークラブ「ペルナSC」(
浅野拓磨(右)からサイン入りのスパイクをもらい喜ぶ木村吏玖さん=三重県菰野町で2022年6月、母智美さん提供 拡大
浅野拓磨(右)からサイン入りのスパイクをもらい喜ぶ木村吏玖さん=三重県菰野町で2022年6月、母智美さん提供

 サッカーのワールドカップ(W杯)カタール大会で日本は8強進出を逃した。だが、4試合全てに出場した三重県菰野町出身のFW浅野拓磨(28、ボーフム)選手の活躍は、浅野選手に憧れて練習に励む地元のサッカー少年にも勇気を与えた。

 浅野選手は地元に帰る度に、小学校時代に所属したサッカークラブ「ペルナSC」(同町)の練習に顔を出している。小学1年のころに入団した小学6年の木村吏玖(りく)さん(12)は、快足が特徴の浅野選手のプレーに圧倒され、低学年の時から母智美さん(49)に「浅野選手みたいなサッカー選手になる」と宣言していた。

 浅野選手を目標にしてから、練習には手を抜かなくなった。週に6日参加する同クラブの練習では、ドリブルやパスといった基礎練習を中心に行い、終了時間は午後9時半を過ぎることも。週2日は腕や足などの体幹トレーニングにも取り組む。

 同クラブコーチの清水保博さん(54)によると、浅野選手はクラブ在籍時は身長も低く、特段足も速くなかった。そのため技術面を伸ばそうと「クリア禁止」のルールを課してドリブルなどの技術を伸ばしたという。木村さんもクリアを禁止して自分の強みとなる技を研究中で、今は相手DFの裏をかけるようになるのが目標だ。

 今年6月には、帰省中の浅野選手が率いる大人のチームと、クラブの子供たちでミニゲームが行われ、「浅野選手の前で良いところを見せたい」と意気込んで臨んだ木村さんは大人を相手に唯一ゴールを決めた。目の前がフリーになった好機を逃さず「今ならいける」と右足で蹴ったボールが左サイドのネットに突き刺さると、浅野選手が「ナイス!」と叫びながら駆け寄ってきて、笑顔でハイタッチした瞬間を今でも忘れられないという。

 その時、浅野選手は履いていたスパイクにサインを添えて木村さんに贈った。今も自宅リビングの棚の上で大切に飾っており「このスパイクを見たら、練習で疲れていても元気になる」という。

 木村さんはそんな浅野選手の活躍を心待ちにし、W杯はスペイン戦以外、リアルタイムでテレビ観戦した。特に興奮したのは、11月23日のドイツ戦で浅野選手が決めた逆転弾だ。「ロングパスをトラップで取り、あの角度からゴールを決めた時は驚いた。プロってすごい」と改めて刺激を受けた。

 将来の夢は、浅野選手と同じように欧州のチームで活躍すること。W杯を振り返って「浅野選手のゴールを決めるまでの諦めない気持ちと、技術力の高さを感じた。いつか自分も、そんな選手になれるように練習を頑張る」と話した。【原諒馬】

  1. facebook
  2. twitter
  3. linkedin
  4. pinterest

協働ロボットや周辺機器の販売代理店である強み

  • お客さまにとって最適な協働ロボットシステム構築をサポートするためには、特定の製品に依存せず、さまざまなメーカーとパイプがあることは非常に重要です。

    なぜなら、メーカーそれぞれの強み・弱みを客観的に評価でき、またメーカーとの情報交換を密にすることにより、製品それぞれの特長を最大限に活かしたシステム構築ができるからです。

    「どのロボットを選ぶか?」の前に、「どんな課題を解決したいのか?」。

    ロボット導入は、あくまでそのための手段であることを私たちは忘れません。

  1. ホーム
  2. ベッド
  3. セーター ミキハウス 120センチ

情報サイト「協働ロボット.com」を開設、協働ロボットに関する情報を幅広く提供

  • ロボットシステム事業部を立ち上げた際、最初に感じた疑問は、世の中に出ている協働ロボットに関する情報があまりにも不足しているということでした。

    インターネットで調べてみても、メーカーの情報はあるものの、お客さまサイドに立った協働ロボットの特徴や導入方法などの基本的な情報がなかなか見つかりません。

    まずは情報を必要としている人に対して、的確な情報を提供することも私たちロボットSIerの役目ではないか?そんな観点から立ち上げたのが「協働ロボット.com」です。

    開設から3年以上が経過、今では日々さまざまなご相談やご質問を頂くようになっています。

〈システム開発実績〉

  1. ロボットシステム
    ・工作機械(旋盤)へのマシンテンディングシステム
    ・プレス加工機へのマシンテンディングシステム
    ・出荷梱包小箱⇒大箱箱詰めシステム
    ・出荷パレットへのパレタイジングシステム
    ・3Dビジョンを活用した自動車部品ピッキングシステム
    ・塗布(シーリング)システム
    ・双腕ロボットによる電子部品組付けシステム
    ・双腕ロボットによる半田付けシステム

  2. AMR搬送システム(トップモジュール)
    ・コンベア付きAMRシステム
    ・カート付きAMRシステム
    ・移動型ロボットワークピッキングシステム(協働型ロボット+MIR)
    ・移動型ロボットワーク供給システム(協働型ロボット+MIR)
    ・牽引型AMRシステム

Products & Services関連する製品 & サービスを見る